児島ちはる&ペペル伴
「時世(ときよ)/翔猿(とびざる)」
シングル(CD)/YZWG-15281/¥1,182(本体)+税
2021年9月22日発売

[発売元] A-force EXPERT
[販売元] ㈱徳間ジャパンコミュニケーションズ

昭和,平成そして令和と時代の喜怒哀楽を詩(うた)に込めた人生ソング「時世」。

相撲の世界で厳しい現実を克服して勝負に生きる「翔猿」


「時世(ときよ)」昭和,平成そして令和と激動の時代を生き抜き、逆境を乗り越え今も第一線で身体を張って生きている漢(おとこ)が平和を祈り友へ夢と希望を託し、そして次の世代を担う若者達に人生の喜怒哀楽を詩(うた)に込めて贈る作品。両A面「翔猿(とびざる)」一人の力士が相撲の世界を通して、厳しい現実を克服して人間頑張りとふんばり次第で不可能は無限の可能性を生むということを教えてくれる感動応援歌。


  楽曲名 作詞 作曲 (編曲)
1. 時世(ときよ) 福田義明 ペペル伴 松井タツオ
2. 翔猿(とびざる) 福田義明 ペペル伴 松井タツオ
3. 時世(ときよ)(カラオケ) ペペル伴 松井タツオ
4. 翔猿(とびざる)(カラオケ) ペペル伴 松井タツオ

【児島ちはる】兵庫県出身。
1982年に芸能界入り。個性的な演技者として舞台・イベントを中心に活動。翌年、歌、踊り、アクションを中心にしたグループ「エンジェル」でデビュー。1984年「ひとみ光」としてソロ活動を開始。1991年、芸名を「児島ちはる」と改め、声優としての活動も開始。2004年に日本クラウンより「泣いたのだあれ」をリリース。2017年第二弾をリリース
【ペペル伴】北海道帯広出身
シンガーソングライター。メキシコ留学経験を生かし本格的ラテンミュージックを研究し、女性シンガー・モコと結成した男女デュオ「ペペル&モコ」として現在活動中。また作曲家としてもさまざまな楽曲を提供。1980年「サンバデカサノバ」をリリース後、ペペル&モコとして2010年「バイラモス」でデビュー、2012年「涙のセレナーデ」、2014年「オトコとオンナ」、2016年「好きさ美奈子 五番町」と4枚のシングルをリリース。